ジャケットのメンズ

浄水器の種類と機能を知る|きれいな水が飲める喜び

安全な増設工事

電気

電気を使用する上でなくてはならないものが分電盤です。分電盤の中には主幹ブレーカーと各部屋に電気を流すために必要な分岐ブレーカーが含まれています。この分電盤にトラブルが発生すると、家庭内の電気が使用できなくなります。分電盤に不具合があると、分岐ブレーカーが入っているにもかかわらず、一部の部屋の電気が使えない、といった状況が発生します。これは分岐ブレーカーが故障しており、電圧が正常にかかっていないことを表しています。また同時に使用する電気の量が多い時にも分岐ブレーカーが落ちることがあります。これは許容電量オーバーといって、電気の使いすぎが要因として考えられます。許容電量オーバーの場合、分岐ブレーカーを増設し、専用コンセントを増設しなければなりません。

しかし分岐ブレーカーはむやみやたらに増設するのは大変危険です。というのも住宅の築年数が古い場合、主幹ブレーカーのそもそもの電気容量が小さいことがあります。にもかかわらず、分岐ブレーカーを増設してしまうと漏電しても主幹ブレーカーが遮断されないため、火災を引き起こしてしまう可能性が高くなります。もしも分岐ブレーカーを増設するなら、主幹ブレーカーの容量、負荷容量、使用状況を確認してから増設が可能なのかどうか判断することが重要です。自分自身で判断するのが難しいようであれば、専門業者に確認してもらって、大元の引き込み線と幹線を新しい電線に改修したうえで、住宅分電盤に取り換える電気容量増設工事を行ないましょう。